愛媛大学

理学部        理工学研究科

物理学科 / 数理物質科学専攻物理科学コース

 

物理……物質の根源から宇宙の成り立ちまで

 

物理学は自然の本質を論理的に理解しようとする学問であり,特に20世紀以降目覚しい発展を遂げて,膨大な自然の仕組みを解明してきました。その応用は技術の発達を促進し,現代文明に多大な貢献をしています。科学技術における物理学の先導的な役割は,新物質の発明,情報処理装置や通信手段の開発,宇宙探査などの諸分野でこの21世紀も引き続き果たして行くでしょう。
物理学科では,物質の根源である素粒子から,それから構成される物質のさまざまな性質およびその応用,さらに宇宙の諸現象の理解を目標にした教育・研究を行っています。教育面では特に,「高校との接続,基礎の着実な積み上げ」,「柔軟な応用力」をモットーにしています。また,
宇宙進化研究センターとのタイアップで天文学教育が充実しているのが最大の特徴です。

《宇宙進化研究センターWebページ(設立の趣旨)より抜粋》
… 本センターの設立に伴い、理学部に宇宙物理学を体系的に学べる宇宙コースを新設することを検討しています。このような宇宙コースを設けている大学は国内では少ないため、本センターの設立により、四国のみならず西日本地区における宇宙物理学の教育を受けられる大学として、愛媛大学が大きな役割を果たすことが期待されています。 以上のことから、世界的な宇宙進化研究の拠点形成を目指した宇宙進化研究センターを本学に設置することで,本学の教育研究の進展に大きく貢献することを目指します。http://www.cosmos.ehime-u.ac.jpshapeimage_2_link_0

 

物理学科の特色

カリキュラムマップ

早期卒業

刊行物


理学部案内













大学院パンフレット











教育・研究活動の歩み






















物理学科(学部)

数理物質科学専攻物理科学コース(大学院)

地域に開かれた大学として本学では様々なイベントを実施しています。理学部でもいろいろな取り組みが行なわれていて、物理学科からもそれらの活動に多くの教職員・学生が参画しています。以下はその一例です。

  1. 高大連携プログラム

  2.   出張講義、SPP(Science Partnership Program)等

  3. オープンキャンパス

  4. 理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験」

  5. 科学フェスティバル

  6. 市民講座、その他の講演会等

地域貢献/社会連携

物理学は現代科学・技術の発展をその基礎の部分で支えています。このコースは小は素粒子,大は宇宙全体まで様々なスケールの現象を,基礎的な面から応用的な面に至るまで幅広い範囲の研究をしており,他の研究機関の研究者との共同研究も盛んです。このコースは基礎物理科学講座,物性科学講座の2講座から成り立っています。

◆基礎物理科学分野

物理の基本的な問題の理論的,実験的研究を行っています。具体的には,量子力学基礎論,場の量子論,ゲージ理論,宇宙進化・特に初期などに対する理論的研究,X線観測による宇宙の構造と進化の研究,ソリトン,カオス等の非線形物理学の研究,散逸力学系と複雑液体などの研究を行っています。

◆物性科学分野

各種の磁性材料の開発や新規熱電物質の探索,固体の光物性,非平衡開放系での相転移とパターン形成の動力学理論等の研究を通じて,固体物理学や量子物理学に見られる多様な現象に関して研究しています。

                    博士前期課程  カリキュラムマップ